僕は以前結婚をした時に、結婚式会場など、また来てくれる人に招待状を送る時に、とても悩んで疲れました。今まで式に呼んでくれた友人などには当然招待をするのですが、ここ最近知り合った友人など、また遠くに住んでいる友人や親せきなどに招待するかと言う所でとても悩みました。結婚式会場にも人数制限などがあり、また遠くから来る場合、交通費などもとてもかかるので、わざわざ来てもらうのも申し訳ないとも感じ、自分が逆の立場を考えるとますます呼び辛くもなりました。


結果的に、遠くの人には招待状は遠慮し、後日結婚の報告だけですます形を取りました。最近では、結婚式会場などとても多くあり、利用する時には色々と会場を回って、自分たちが納得できるまで比較などをして、一番満足がいく式をあげれそうな場所を探して利用したので、とても満足がいく式を挙げる事ができました。また来て下さった来賓の人たちも満足をしてくれたので、とても嬉しかったです。また結婚の式を協力をしてくれた、会場のスタッフの人にはとても感謝の気持ちで一杯でした。今後結婚をする事はありませんが、長くいつまでも幸せでいて、楽しい時間を共に過ごしていきたいと思っています。結婚式の招待状の作成方法や送付の仕方にはマナーがあります。マナーを無視した案内状はゲストに失礼と思われる可能性があるので十分に注意する必要があります。


まず作成方法についてですが、こちらは差出人を挙式する本人名義とするか両親名義とするかの違いがあります。現在では本人名義で作成するのが主流となっていますが、一部地域では両親名義で出さないと失礼と思われる可能性があるので、挙式を行う地域の風習を事前に調べた上で作成する必要があります。次に送付方法ですが、結婚式の招待状には切手を貼った返信葉書を入れて送付するのがマナーです。返信葉書が同封されていなかったり、切手が貼られてなかったりすると、ゲストは返信するために葉書や切手を購入する必要があり、これは失礼にあたります。親族や家族などの身近な招待客の場合は不要ですが、一般招待客への案内状には必ず同封する必要があります。最後に送付のタイミングですが、結婚式の招待状は挙式をあげる日の2カ月ぐらい前に送付し、1カ月前ぐらいを返信期限として送付するのがマナーです。挙式の直前となると招待客に予定の変更や欠席を強いる事になりますし、またあまりに事前に送付しても予定がたたず返信しにくくなるからです。2カ月前というのがちょうど良い時期だとされています。

当社の強みは高品質の映像制作であり、一般的なDVDプレイヤーでも再生できるように、映像制作を行っています。 安心サポートと実績で年間制作は1500組以上! インターネットで仕上がりが確認できるので、安心! オープニングからエンドロールまですべて演出可能。 制作から納品迄の全てを女性スタッフが担当し、お客様の一生の思い出となる、結婚式ムービーを作成出来る事がメリットです。 結婚式プロフィールビデオならプリンセスネット